不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

中古マンションのリフォーム、どれくらい費用を掛ければいいのか?

工事の請負代金が500万円未満であれば、建設業の資格がいらない。

だから多くのリフォーム事業者は、建設業許可を取っていない。

有象無象のリフォーム業者にボラれないよう、中古マンションのリフォーム(リノベーション)には、どれくらい費用を掛ければいいのか把握しておきたいところだ。


もくじ

リクルート住まいカンパニーが1月23日に発表した「2016年 リフォーム実施者調査」が参考になる。

首都圏・東海圏・関西圏の20歳以上の男女で、「300万円以上のリフォームを3年以内に実施した人」を対象に実施されたネット調査。

戸建てとマンションが調査対象となっている。マンションに着目し、2013年以降に発表された過去のデータも含めて整理してみた。

 

築何年くらいでリフォームするのか?

最も多いのは「20~30年未満」でリフォームを実施しているマンション(35%)。

「10年未満」の築浅マンションのリフォームは1割に満たない。

リフォームした住戸のマンション築年数

 

リフォーム費用の相場は?

最も多いのは「300~500万円未満」で約6割。

「1,000万円以上」のマンションリフォームは1割に満たない。

マンションのリフォーム費用

※上図は、首都圏だけでなく、東海圏と関西圏も含めた平均値であることに要留意。

 

どこをリフォームすればいいのか?

 マンションリフォームで多い場所は次の5つ。
( )内の数字は2016年の調査結果。複数回答あり。

  • トイレ(78.9%)
  • 台所(77.2%)
  • 浴室(73.1%)
  • 洗面室(70.8%)
  • リビング(66.1%)

2013年に多かったダイニング(台所)のリフォームは、その後は6割以下にとどまっている。

子供部屋のリフォームは約3割。寝室や和室よりも低い。

マンションのリフォームをした部分

 

あわせて読みたい

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.