不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

マンションは今すぐ買う?頭金を貯めてから買う?

幹線道路沿いに建つ小規模マンションのチラシ。

物件概要

【先着順 本広告】大手町駅直通14分、駅徒歩10分。総戸数36戸、10階建。販売戸数6戸、3LDK(65.47~71.75m2)。販売価格4,670万円~5,330万円。平成29年2月下旬竣工(本チラシ掲載日の1カ月後)。

  • ※1月5日(木)の物件と同じ。

4つ折りにされたB5判の小さなチラシ。

開いてみると、返済額のキャッチコピーが。

月々12万円台より購入可能!

頭金0円 ボーナス時0

月々の返済額(年12回)122,676円

ここまではよく見かけるコピーだ。

でも、このあとがチョット違う。

今すぐ購入したほうが、頭金を貯めてから購入するよりも返済額が少ない!?

今すぐ購入したほうが、頭金を貯めてから購入するよりも返済額が少ないという。

「自己資金が足りないから・・・。」貯めてから購入?

今すぐ購入した場合

  • 頭金0円
  • 返済期間35
  • 月々返済額122,676円


月々5万円貯金して5年後に購入した場合

  • 頭金300万円
  • 返済期間30
  • 月々返済額134,510円

今すぐ購入したほうが月々の返済額は11,834円(=134,510円-122,676円)少なくなる計算だ。

でも、よくみると今すぐ購入した場合ほうは、返済期間が5年短い設定になっているぞ。

「これなら今すぐ購入したほうが返済額が少なくて当然だ」と思いながら注釈文章に目をやると――

頭金が貯まるまで購入を待つことは、返済期間が短くなってしまうこともあるため、かえって月々の返済額が大きくなってしまう可能性もあります。

「そりゃそうだ、だから前提条件をそろえないとフェアじゃない」と思いながら更に読んでいくと――

購入までの間は、現在住んでいるお住まいの家賃がかかるので、月々の家賃が13万円の場合、5年間で家賃総額780万円が貯金とは別に必要です!

そうきたか。

 

同じような条件で比較しているように見えるが、実は違う!

月々の家賃13万円の妥当性はともかく、比較している対象期間が適切ではないのである。

つまりこういうことだ(次図参照)。

チラシのほうは、比較対象期間が35年。

実は、比較対象とすべき期間が35年ではフェアでない。

仮に建物の寿命が40年だとすると、「今すぐ購入」のケースは建物寿命が尽きたあと、さらに5年間何らかのかたちで住まいを確保しなければ、「頭金を貯めてから購入」のケースと条件がそろわないのである。

比較対象とすべき期間

 

チラシにはさらに、セールストークが続いている。

住宅ローン金利が低い今、マンション購入を検討するのもーつの選択肢です。

住宅ローン金利がいつまで低いのかは誰にも正確なところは予想し得ない。

 

マンションは今すぐ買うほうがいいのか?頭金を貯めてから買うほうがいいのか?

ネットをググると、FPの先生などがシミュレーション結果を踏まえ、どのようなケースにどちらが有利になるのか解説している記事がひっかる。

それよりも、いま販売されているマンションは、価格が高い割には狭いことに留意すべきだ(次図)。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/flats/20170119/20170119170306.png
首都圏の新築マンション市場動向(2016年)を見える化」より


高値づかみをしなくて済むよう、市場が落ち着くまでもう少し待ったほうがいいだろう。

あわせて読みたい

(本日、マンション広告2枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.