読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

認知症リスク高い!?幹線道路沿いのマンション

日本のマスメディアは頼りにならないので、最近は海外メディアにも目を通すようにしている。

特に注目しているのはBBC。日本語版もあるので便利だし、”国営放送”NHKと違って、政府や企業の力に屈しない公正な放送を行うBBCは中立性が高い。

そのBBC日本語版が1月5日付で、興味深い記事を掲載している。

カナダで実施された200万人近くの大規模調査で、幹線道路の近くに住むと認知症のリスクが高まるとの結果が出たという。

幹線道路沿いに居住で認知症リスク高まる=調査

カナダで実施された大規模調査で、幹線道路の近くに住むと認知症のリスクが高まるとの結果が出た。研究結果は英医学誌「ランセット」に掲載された。
主要な道路から50メートル以内に住む人が認知症を発症したケースで、その約1割は、交通量の多さが原因になっていると、研究は示唆している。

(中略)

研究は、カナダのオンタリオ州で2001年から12年にかけ、200万人近くのデータを使用した。
期間中に認知症の診断を受けた24万3611人のデータを調べたところ、幹線道路から300メートル以上離れた場所に住んでいる人に比べて、101~200メートルでは発症リスクが2%高まり、50~100メートルは4%上昇した。50メートル以内では、リスクは7%高かった。
分析の結果、幹線道路から50メートル以内に住む人の認知症の7~11%が、交通量の多さに関係しているとみられるという。(以下略)

(BBCニュース 1月5日)

 

記事には、幹線道路から住居が何メートル離れているかで、発症率がどれほど高くなるのか具体的な数字も掲載されているので、可視化してみた(次図)。

認知症の発症リスクの増加

50m以内で認知症の発生リスクが7%高くなるという調査結果を知っていれば、幹線道路沿いのマンションを避ける人は増えるのではないのだろうか。

この論文の結果が世間に広く知れ渡ると、幹線道路沿いの不動産価値に与える影響は大きいかもしれない。

でも、幹線道路沿いのマンションに住んでいると認知症のリスクが高まるなんて、不動産会社からの広告宣伝費に支えられている日本のマスメディアにはチョット扱えないニュースか――。

 

あわせて読みたい 

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2016年6月1日、このブログ開設から12周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.