不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

衝撃的な近未来!住宅着工数4割減、3軒に1軒が空き家

野村総合研究所(NRI)は12月21日、「NRI未来年表2017-2100」(PDF:646KB)を発表。

近未来の「住宅着工戸数」と「空き家率」の予測値も記されている。

とっても衝撃的な数字だ。

NRI未来年表

 

【住宅着工戸数】15年後は4割減

同表にはNRIの予測として、2030年度は「新設住宅着工戸数が54万戸に減少」と記されている。

国交省が定期的に公表している「住宅着工統計」の数字と合わせてみると、54万戸がいかに衝撃的な数字であるかが分かる(次図)。

新設住宅着工戸数(実績と予測)

2015年度の全国の新設住宅の着工戸数が約92万戸。
これが15年後の2030年度には54万戸(58.7%)。4割も減少してしまうのである。

 

【空き家率】17年後は3軒に1軒が空き家

野村総合研究所は、空き家率も予測している。

2033年度は「空き家数は約2,170万戸、空き家率は30.4%に上昇」と記されている。

総務省が5年ごとに実施している「住宅・土地統計調査」データと合わせてみると、空き家率30.4%も衝撃的な数字であることが分かる(次図)。

全国の空き家率(実績と予測)

3軒に1軒が空き家という、とっても寂しい世界が17年後に待っているのだ。

 

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.