不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

1都3県世帯数増加ランキング!23区で唯一減少した区はどこか?

総務省は10月26日、2015年国勢調査の確定値を公表。
報道各社は、外国人を含む総人口は1億2,709万4,745人で、1920年の調査開始以来、初めて減少に転じたことを伝えている。

全国の市区町村別の人口と世帯データがエクセルで公開されていたので、前回国勢調査(2010年)の調査データと比べた1都3県の世帯数の増減に着目して可視化してみた(次図)。

f:id:flats:20161028155412p:plain

やはりというか、23区を中心に世帯数が増加していることが分かる。

あと、東京都に近い千葉県の柏市や船橋市などの世帯数の増加が目立つ。

特筆すべきは、23区でも足立区だけが3,766世帯(314,618⇒310,852)のマイナスであること。

足立区は人口のほうも、23区で唯一マイナス▲12,318人(683,426⇒671,108)だ。

豊島区が消滅(日本創成会議)するよりも、足立区が消滅するほうが先か?

 

世帯数増加自治体TOP20は次のとおり。

23区のうち14区がランクイン。

  • 1位:江東区(30,058 世帯)
  • 2位:大田区(25,839 世帯)
  • 3位:港区(20,273 世帯)
  • 4位:板橋区(18,976 世帯)
  • 5位:台東区(16,474 世帯)
  • 6位:品川区(16,190 世帯)
  • 7位:世田谷区(13,374 世帯)
  • 8位:柏市(13,192 世帯)
  • 9位:渋谷区(11,752 世帯)
  • 10位:中野区(11,363 世帯)

  • 11位:川口市(11,358 世帯)
  • 12位:中央区(11,203 世帯)
  • 13位:船橋市(10,371 世帯)
  • 14位:豊島区(9,890 世帯)
  • 15位:杉並区(9,608 世帯)
  • 16位:墨田区(9,541 世帯)
  • 17位:文京区(8,887 世帯)
  • 18位:港北区(8,751 世帯)
  • 19位:鶴見区(8,656 世帯)
  • 20位:川越市(8,569 世帯)

1位江東区、2位大田区、3位港区。マンションが林立した影響か。あるいは外国人が増えた影響か。

江東区は湾岸マンションの影響が大きいそうだ(江東区人口50万人突破!増減分布を可視化してみた)。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.