不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

大阪市の「民泊」説明会 申込み400件は多いのか?

大阪市は10月12日、第1回目の事業者向け「民泊」説明会(定員60人)を実施。

全6回、合計定員750人に対して、いまのところ約400人の参加予約があるという。

大阪市 初の事業者向け「民泊」説明会

マンションなどの空き部屋を宿泊施設として活用する「民泊」。大阪市が12日、初めて事業者向けの説明会を開いたところ、会場を埋めるほどの人が集まった。
(中略)
この日を含め、市では説明会を6回開催するが、約400件の申し込みがあったという。

政府は利用条件を「2泊3日」に緩和する方針を決定しており、大阪市も年度内には条例改正を行う方針。民泊の申込みは今月31日から。

( NNNニュース 10月13日)

 

大阪市が実施する事業者向けの民泊説明会は全6回が予定されている(次図)。6回の定員の合計は750人。

f:id:flats:20161013141930p:plain

大阪市は民泊条例を遵守させる気がない?」より

 

大阪市内でAirbnbに登録されている物件は約9,400件(10月12日現在)。

これに対して、今回の6回の説明会の定員が750人で、説明会の申込人数が約400人。

グラフにすると、こんな感じ ↓

f:id:flats:20161013142146p:plain

 

Airbnb登録件数約9,400件に対して、たったの4.3%(=400÷9,400)のホストしか、説明会に参加しないのである。

説明会に参加しなくても、今月の31日から受付が始まる民泊申請は可能なのだが。

民泊申請にやる気満々なのは、「大阪市の中心部で30室ほど民泊候補の部屋」を準備している「とまれる」の三口聡之介社長くらいか――。

 

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.