不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

マンションチラシで頭の体操!4つの間取り図の配置を考える

アパートの跡地に建つ、二棟からなる中規模マンションのチラシ。

物件概要

【予告広告】東京駅直通12分、駅徒歩8分。総戸数90戸、14階建。販売戸数/未定、1LDK(40.05m2)~3LDK(77.20m2)。予定販売価格3,700万円台~7,400万円台、予定最多価格帯6,400万円台。平成29年10月下旬竣工(本チラシ掲載日の1年4カ月後)。

 

新聞半紙大のチラシ裏面に、4つの間取り図が掲載されている。

こんな感じ。方位はバラバラ。

f:id:flats:20160624173046p:plain

物件のホームページに掲載されていた「敷地配置イメージ」と間取りタイプのアルファベットを手掛かりに、4つの住戸の配置を推測して描いてみた(次図)。

f:id:flats:20160624173437p:plain

配置を推測するうえでのポイントは、アルファベットである。

2棟のうちの1棟は、AタイプとBタイプが並んでいると考えるのが自然だろう。

そうすると、もう一つの棟はCタイプからFタイプが並んでいるものと推測できる。

さらに、チラシには掲載されていないBタイプがCとE1の間に挟まれていることや、E2タイプがE1タイプとFタイプとの間に挟まれていることまで推測できる。

 

ということで、チラシに描かれていた4つの間取り図のうち、3つは見栄えのする角住戸であることが確認できた。

見栄えのする角住戸を優先してチラシに掲載していないか!

って、先日のブログ記事でも、同じような話をしていたことに気づく(チラシに掲載されている3つの間取り図の配置を特定してみたら・・・)。

 

チラシに掲載されている間取り図をハサミで切り抜いて、敷地のどこに位置するのか、いろいろ並べ変えて考えることは、頭の体操になるかも。

いや、たんなる暇つぶしか (*_*;

f:id:flats:20160625061133p:plain

 

あわせて読みたい

(本日、マンション広告2枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.