不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

4か月連続でm2単価80万円超え!首都圏新築マンション市場

不動産経済研究所は6月16日、「5月の首都圏新築マンション市場動向」を発表。


もくじ

  • 発売3,002戸、14.1%減で減少は6ヵ月連続。契約率は70.9%に回復。
  • 戸当り価格5,692万円、m2単価82.3万円とともに12ヵ月連続の上昇

発売戸数は6ヵ月連続減少し、m2単価が12ヵ月連続上昇するという、売主サイドにとっても消費者サイドにとっても良くない環境が続いている。

ただ、これだけではよく分からないので、同研究所が過去に発表した数値データも含め、首都圏の新築マンション市場動向のトレンドを可視化(グラフ化)してみた。

発売戸数・発売単価・販売在庫の推移(首都圏)

発売単価は、上下動を繰り返すも、依然として上昇トレンドにある。4か月連続で80万円超えだ。
販売在庫は5か月連続で6千戸を突破。

f:id:flats:20160616144245p:plain


発売戸数の推移(1都3県)

23区に着目すると、5月の発売戸数1,324戸は、前年同月比で▲6.0%の微減。 

f:id:flats:20160616145318p:plain


m2単価の推移(1都3県)

23区の発売単価は、3つのピーク(7月119.9万円、11月115.8万円、4月111.3万円)から、低下トレンドに入ったか――。

 

f:id:flats:20160616144352p:plain


新築億ション発売戸数・率の推移(23区)

23区で発売された価格帯別戸数のデータが掲載されているので、14年度以降のデータをグラフ化してみた(次図)。

f:id:flats:20160616144413p:plain

15年5月を境に潮目が変わって、15年7月の億ションの発売戸数が435戸と突出したのち、100戸~200戸(10%~20%)で推移している。

 

次に、23区の新築マンションの発売価格帯を俯瞰してみよう。

新築マンション発売戸数の価格帯(23区)

23区の新築マンションの発売戸数は、5,000万円以下の割合が極端に低くなっていることが分かる。
逆に5,000万円超の割合が高く、3つの山(6,000万円台、8,000万円台、1億円台)ができている。

f:id:flats:20160616144423p:plain

住宅ローン金利が史上最低であろうとも、庶民にはなかなか手が出しにくい状況が続いている。

バブルが崩壊するまで今しばらく我慢したほうがよさそうだ。

子供の学校の関係や、転勤のタイミングなどライフステージの変化に応じて、どうしても今マンションを買わなければならない人は、中古マンションを検討されてはいかがだろうか(マン点流!不都合な真実を解説(新築vs中古))。


あわせて読みたい

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.