不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

銭湯の料金が最も高いのは神奈川県(大人470円)

東京都は5月19日、「公衆浴場入浴料金の統制額の据置きについて」公表。

本日開催された東京都公衆浴場対策協議会(会長 都留康 一橋大学経済研究所教授)において、去る2月3日(水曜日)知事から検討依頼した「平成28年東京都公衆浴場入浴料金の統制額」について、下記のとおり料金を据え置くよう報告が行われましたので、お知らせいたします。

 

公衆浴場入浴料金統制額(平成26年7月1日実施)

  • 大人(12歳以上の者)460円
  • 中人(6歳以上12歳未満の者)180円
  • 小人(6歳未満の者)80円

 

都内の公衆浴場入浴料金の推移

夫婦と幼児一人で合計1,000円。頻繁には行きづらい料金だ。

料金を据え置くという都内の銭湯の入浴料金。

これまでの入浴料金の変遷を調べてみた。

f:id:flats:20160522073155p:plain
東京都公衆浴場業生活衛生同業組合の資料を元に作成)

 

1973年の第1次オイルショック以降、大人の料金が急激に上昇している状況がよく分かる。
ちなみに、1969年(昭和44年)3月31日までは洗髪料金(5円)が別に定められていた。これって女性の場合だけ?

 

入浴料金が最も高いのは神奈川県(大人470円)

では、全国の銭湯の料金はどうなっているか?
「全国浴場組合」のホームページに「各都道府県の入浴料金表」(平成27年1月1日現在)が掲載されているので表にまとめてみた。

f:id:flats:20160522071622p:plain

全国で銭湯の料金が最も高いのは神奈川(大人470円)。逆に最も安いのは宮崎県(大人350円)。その差120円。

※秋田・山形・茨城・島根・佐賀は組合が解散したなどの理由により、統一料金がない。

 

大人の料金を地図に落としてみた。

f:id:flats:20160522072247p:plain

首都圏や関西圏の料金が高い傾向にあることが分かる。

 

たまには銭湯に行ってみるか・・・・・・。

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.