不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

大田区の民泊禁止エリアにも「闇民泊」が拡がっている!

大田区が初の「民泊」を認定したというニュースで、区の担当者が2名も現地確認に立ち会っている様子が放映されていた。

現在大田区でAirbnbに登録されている物件は約200件。大田区はこれら非公認の「闇民泊」をどうするつもりなのか?

もくじ

 

大田区Airbnb登録物件はどのように分布しているのか?

現在大田区でAirbnbに登録されている物件は198件(2月18日現在)。

内訳は、アパート(Airbnbでは「マンション」とは呼ばない)133件(67%)、一軒家59件(30%)、その他6件(3%)。

 

大田区でAirbnbに登録されている物件は、どのエリアに多いのか?

調べてみた。

Airbnbに登録されている物件の紹介ページのソースコードには、物件の所在地を示す緯度経度データが埋められている(次図)。

f:id:flats:20160218190914p:plain

この緯度経度データは、実際の物件の位置が特定できないような仕組みになっているため、必ずしも正確な位置を示していない。

地図に立っているピンの位置は物件の正確な場所がわからないように、わざと少しズラして表示しています。

正確な住所は予約を済ませた人にだけ送信されます。

Airbnbのヘルプ文書

 

若干のズレは許容するとして、198物件の紹介ページをクローリング&スクレイピングして得られた緯度経度データを地図に落としてみた(次図)。

Airbnb登録物件は、必ずしも均一に分布していないことが分かる。

f:id:flats:20160218191501p:plain

 

では、Airbnb物件はどのエリアに多いのか?

大田区Airbnb登録物件は、どのエリアに多いのか?

逆ジオコーダー」を使って緯度経度データを町丁目に変換し、登録数ランキングを調べてみた。

「アパート」「一軒家」それぞれ3件以上登録されている町丁目は次のとおりである。

アパートでは「池上六丁目(13件)」が、一軒家では「山王二丁目(5件)」が多いことが分かった。

【アパート】

  • 池上六丁目(13件)
  • 西蒲田八丁目(6件)
  • 蒲田五丁目(5件)
  • 東矢口三丁目(5件)
  • 羽田三丁目(4件)
  • 南蒲田一丁目(4件)
  • 矢口一丁目(4件)
  • 蒲田一丁目(3件)
  • 山王一丁目(3件)
  • 千鳥二丁目(3件)
  • 中馬込二丁目(3件)
  • 東蒲田二丁目(3件)
  • 矢口二丁目(3件)

 【一軒家】

  • 山王二丁目(5件)
  • 久が原三丁目(4件)
  • 矢口三丁目(4件)
  • 羽田一丁目(3件)
  • 中馬込三丁目(3件)
  • 東嶺町(3件)

 

大田区では、池上六丁目の登録物件数が13件(アパート13件、一軒家0件)でダントツに多い。
2番目に多いのは、山王二丁目の7件(アパート5件、一軒家2件)。

 

では、大田区でAirbnbの登録数が最も多い池上六丁目の状況を確認してみよう。

大田区Airbnb登録物件が最も多い池上六丁目の状況

池上六丁目をグーグルマップでみると、マンションと戸建てが混在しているエリアであることが確認できる(下図右)。

Airbnb登録物件は池上六丁目の南西方面に集中していることが分かる(下図左)。
その多くはシェアハウスを展開している業者(2011年設立、資本金17百万円)が運営している1泊2,700円前後の物件だった。

f:id:flats:20160219065543p:plain

 

民泊禁止エリアにもAirbnb登録物件が分布している!

大田区で民泊を営むためには、「床面積25m2以上」や「滞在期間が6泊7日以上」を守ればいいというだけではない。

「ホテル・旅館」の建築が可能な用途地域でしか運営してはいけないのだ。
運営可能な用途地域は次の6地域。

  • 第二種住居地域
  • 準住居地域
  • 近隣商業地域
  • 商業地域
  • 準工業地域
  • 第一種住居地域(3,000平方メートル以下)

具体的な運営可能なエリアは、次図の着色部分である。

f:id:flats:20160218191546p:plain
「大田区における外国人滞在施設経営事業(旅館業法の特例)実施地域」(PDF:529KB)より

 

上図に大田区内のAirbnb登録物件の位置(赤●:アパート、青●:一軒家)を重ねたのが次図。

着色されていないエリア(民泊禁止エリア)にも、けっこうAirbnb登録物件が分布していることが分かる。

f:id:flats:20160218191558p:plain

 

大田区の北西方面に広がっている民泊禁止エリアに、Airbnb登録物件が結構分布していることが確認できる(次図)。 

f:id:flats:20160218192555p:plain

 

民泊禁止エリアで運営されている「闇民泊」。

大田区の民泊担当者は、民泊申請のあったわずかばかりの物件を二人で現地確認している余裕などないと思うのだが(「民泊条例」施行!大田区は申請してこない「民泊」を取り締まれるか?)。

 

あわせて読みたい

(本日、マンション広告4枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.