不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

1月の即日完売は2戸!首都圏新築マンション市場動向

不動産経済研究所は2月16日、「1月の首都圏マンション市場動向」を発表。

  • 発売は11.0%減の1,494戸、契約率58.6%と需給ともに低調
  • 戸当り価格5,570万円、m2単価78.1万円、ともに8カ月連続の上昇

「減」「低調」といった、不動産関係者にとって有難くない表現が並ぶ。

契約率の50%台は、2008年7月以来の7年半ぶりである。

 

1月の即日完売物件は、なんと1物件。しかも2戸しかない。

即日完売物件(1物件2戸

  • イニシア板橋大山3期(終) (板橋区、2戸、平均4,538万円、平均3倍、最高5倍

それでもって、「平均3倍、最高5倍」だなんて笑える。
ようするに倍率1倍と5倍の物件がそれぞれ1戸あったということじゃないか。

 

超高層マンションのほうも、契約率が32%と絶不調である。

1月の超高層物件(20階以上)は7物件75戸(27.2%減)、契約率32.0%(前年同月10物件103戸、契約率60.2%)である。

 

実際のところはどうなのか?

同研究所が過去に発表した数値データも含め、首都圏の新築マンション市場動向のトレンドを可視化(グラフ化)してみた。

もくじ

発売戸数・発売単価・販売在庫の推移(首都圏)

f:id:flats:20160216152021p:plain

発売単価は、若干の上下動を繰り返すも、依然として上昇トレンドにある。
販売在庫は2か月連続で6千戸を突破。


発売戸数の推移(1都3県)

f:id:flats:20160216152035p:plain

23区に着目すると、1月の供給戸数605戸は、前年同月比で▲10.2%の減。

ちなみに、1月の供給戸数は、毎年1年で最も少ない。


m2単価の推移(1都3県)

f:id:flats:20160216152044p:plain

23区の発売単価は、ツインピークス(7月の119.9万円、11月の115.8万円)から、12月は96.8万円とやや落ち着きを取り戻したものの、1月は103.7万円と再び上昇し、100万円を超えた。 

おカネが余ってしかたがない人以外は、まだまだ買ってはいけない水準である(いま、マンションを買うべきか?)。

 

あわせて読みたい

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.