不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

1行の長さが70センチ!マンション広告の物件概要

公園・大学・住宅・商業が一体化した約33.3haの大規模複合開発エリアに建つ、タワーマンション棟(A棟)の販売広告。

 

物件概要

【先着順】大手町駅直通25分、駅徒歩12分。総戸数840戸(タワー棟(A棟)700戸、レジデンス棟(B棟)52戸、レジデンス棟(C棟)88戸)、37階建て(A棟)・13階建て(B棟・C棟)。販売戸数42戸、3LDK(62.27m2)~4LDK(84.41m2)。

販売価格4,090万円~6,880万円。平成28年3月上旬竣工予定[タワー棟(A棟)]、平成27年3月3月竣工済み[レジデンス棟(B棟・C棟)]。

  • 2015年8月21日(金)の物件と同じ。

 

新聞全紙大のチラシ裏面の「物件概要」にびっくりぽん!

チラシの下部、見開きの左端から右端まで、長が〜い文章が改行されることもなく、10行に詰め込まれているのだ。

どれくらい長いのか、メジャーで測ってみた。

f:id:flats:20160129093543j:plain

 ちょうど70センチ。

f:id:flats:20160129093550j:plain


36センチメートルのプラスティックの定規を当てながらでないと、とてもじゃないが視線が定まらない。
そのうえ行頭に視線を移すたびに、文意が途切れてしまう。

 

「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」第9条では「見やすい大きさの文字による表示」として、次のように規定している。

第9条 規約に規定する「見やすい大きさの文字」とは、原則として7ポイント以上の大きさの文字による表示(7ポイント未満の大きさの文字による表示であっても、文字の大きさのほか、文字数、レイアウト、書体、文字色、文字間隔、行間隔等を勘案して総合的に判断し、見やすい大きさの文字であると認められる文字による表示を含む。)をいう。

文字数やレイアウト、文字間隔や行間等といっておきながら、最後は「総合的に判断」するというなんとも曖昧なルールだ。

ただ、本日の広告のように横に長が〜い文章表示は、誰がどう「総合的に判断」しようと、決して見やすいとはいえないだろう。

 

あわせて読みたい

(本日、マンション広告3枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.