不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

こんなところに泊まれるの!?アフリカ編

国内の変わり種の民泊を紹介した記事「これも「民泊」?Airbnb変わり種7選」が好評だったので、海外の変わり種の民泊も調べてみた。

今回はアフリカ編の10選をカウントダウン形式で紹介しよう。

 

10位:ボツワナの伝統的な1ルームコテージ(1泊6,191円)

アフリカの大自然を楽しめる。

家主は、スウェーデンの工業高校を卒業した現地の黒人女性。

ソーラ電源。収容人数2人×4棟。

f:id:flats:20160104181740p:plain

↓ 室内

f:id:flats:20160104181754p:plain

f:id:flats:20160104181807p:plain


9位:南アフリカ共和国の洞窟宿(1泊9,136円)

「ブッシュマンをテーマにした洞窟」、「ズールー族をテーマにした小屋」、「無断居住者をテーマにしたバックパッカーの小屋」からなっている。

家主は、リタイアした米国人夫婦。

収容人数4人。

↓ ズールー族をテーマにした小屋

f:id:flats:20160104181846p:plain

↓ ブッシュマンをテーマにした洞窟

f:id:flats:20160104182000p:plain

↓ 無断居住者をテーマにしたバックパッカーの小屋

f:id:flats:20160105051337p:plain


8位:ケニア共和国のサファリキャンプ(1泊11,763円)

アンボセリ国立公園の近くにあるプライベート・サファリキャンプ。

マサイ族の警備員は、キャンプを通る野生動物に近づきすぎないように注意しろという。

家主は白人の中年男性。

キッチンは、冷凍庫、ガス炊飯器がある。電源はソーラー。

収容人数6人。

f:id:flats:20160104182026p:plain

↓ 室内のキングサイズのベッド

f:id:flats:20160104182045p:plain

↓ トイレの便器はあくまでも洋式

f:id:flats:20160104182118p:plain


7位:ニジェールの国境に接する砂漠の家(1泊6,730円)

家主は、ベルギー出身の中年白人男性。

ラウンジ、キッチン、ダイニングルーム、3つの部屋を備えている。

収容人数6人。

f:id:flats:20160104182146p:plain

↓ 寝室

f:id:flats:20160104182200p:plain


6位:ルワンダのキブ湖畔のロッジ(1泊4,953円)

家主は、カナダ出身の白人中年女性。

収容人数2人×4棟。

f:id:flats:20160104182259p:plain

↓ 室内

f:id:flats:20160104182307p:plain

 


5位:ナミビアの羊農場(1泊4,007円)

ナミビアの南に位置する、砂丘とラクダ草に囲まれまれた羊農場内の宿泊施設。

ホストは中年の白人夫婦。

自炊。収容人数16人。

f:id:flats:20160104182326p:plain

↓ 室内

f:id:flats:20160104182344p:plain

↓ 2頭のクーズー(ウシ科)

f:id:flats:20160104182354p:plain


4位:ジンバブエのシャレー(1泊30,831円)

国立公園内のザンベジ川近くのシャレー(スイス風ログハウス)。

収容人数2人。

f:id:flats:20160104182409p:plain

↓ ダブルベッドには蚊帳がついている。

f:id:flats:20160104182423p:plain

↓ ザンベジ川の象

f:id:flats:20160104182433p:plain


3位:ウガンダのサファリロッジ(1泊24,764円)

マーチソンフォールズ国立公園から2km離れたサファリロッジ。

白ナイル川沿いに位置している。

家主は現地の若い(?)黒人男性。

収容人数12人。

f:id:flats:20160105055321p:plain

↓ ベッドには蚊帳がついている。

f:id:flats:20160104182520p:plain

↓ 象の群れ(説明するまでもないか・・・)

f:id:flats:20160104182542p:plain


2位:サント・マリー島のツリーハウス(1泊11,144円)

マダガスカル島とは細い海峡によって隔てられたサント・マリー島(人口16,325人)のツリーハウス。

収容人数4人。

f:id:flats:20160104182600p:plain

↓ 遠景

f:id:flats:20160104182621p:plain

f:id:flats:20160104182632p:plain

↓ 室内

f:id:flats:20160104182653p:plain


1位:モロッコのエコロジーキャンプ(1泊30,336円)

家主は、英国出身の中年白人女性。

生態系のルールを尊重し、廃棄物やごみを極力出さないようにしているという。

収容人数2人。

f:id:flats:20160104182707p:plain

↓ サロン用テント

f:id:flats:20160104182739p:plain

↓ 砂丘でサンドボードが楽しめる

f:id:flats:20160104182758p:plain


以上、どちらかといえば、普通の日本人が抱くであろう”アフリカ的”な宿泊施設のなかから面白そうなものを選んだ。

ただ、アフリカといえども、実際には近代的なアパート(日本でいうところのマンション)の貸し出しのほうがはるかに多い。

外国人がフジヤマや芸者、武士や忍者など、日本に対して偏ったイメージを持っているように、日本人もまたアフリカといえば、象やキリン、ライオンやワニといった偏ったイメージを持っているようなところがあるのかもしれない(お前だけだろってか)。

 

あわせて読みたい

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.