不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

激安理由にびっくりぽん!23区のAirbnb登録物件

12月1日時点の東京23区のAirbnb登録件数は約9,300件(東京23区Airbnb市場動向(2015年12月))。

利用料はピンキリ。格安物件としては、どのようなものがあるのか?


もくじ

1人1泊1,300円未満は26件

Airbnbサイトを開き、23区を対象に1人1泊1,300円未満で絞り込んでいくと、26件が表示された(12月29日現在)。

f:id:flats:20151229180259p:plain

 

同じ建物を割愛し、1泊料金が安い順に並べたのが次表に示す13物件。

f:id:flats:20151230072624p:plain

No.7やNo.8物件は「1泊料金」よりも、「追加人数料金」や「清掃料金」のほうが高い。

 

上表のなかから、激安理由がびっくりポンな4物件を紹介しよう。

早稲田駅徒歩4分の個室が0円(No.1)

最も安い物件は、早稲田駅徒歩4分の「個室」タイプで1泊0円。

テレビや電子レンジ、洗濯機や高速無線ランもあって、洗い立てのシーツもついている。

それがなぜ、タダなのか。

12月に宿泊した米国男性の感想には、とても良かった旨が記されている。謎だ。

f:id:flats:20151229185252p:plain

 

3畳(?)で寝袋付き1,199円(No.2)

2番目に安いのは、蒲田駅から徒歩10分の物件で、1泊1,199円。

日本人男性が寝泊まりしている部屋(6畳)の隣りにある狭い部屋(3畳?)を寝袋付きで貸し出している。

f:id:flats:20151229184951p:plain

 

キャンプ場をAirbnbに登録(No.5)

今回、最もビックリポンなのは、「若洲公園キャンプ場」の物件。
1人1泊の利用料が1,208円。

若洲公園のホームページで確認すると、大人1人の施設利用料金(1泊2日11時~2日目10時まで)は600円だから、608円の儲け。

これってありか?

貸し手は慶大卒(SFC)の男性。

f:id:flats:20151230075638p:plain

 

屋上の屋外スペースをAirbnbに登録(No.11)

2番目のビックリポン物件は、1人1泊1,239円、西新井駅から徒歩8分の屋上の屋外スペース。

トイレと風呂は使えるが、テントと寝袋は各自持参が条件となっている。

貸し手は、ベネズエラ人。なかなやるな!

f:id:flats:20151229183558p:plain

 

苗場の激安リゾートマンションを利用したAirbnbは儲かるのか」や「国内Airbnb物件の一部でトンデモナイことが起きている?」、「日本人が知らない世界が広がっている!中国版Airbnbを規制できるのか 」に記したように、Airbnb(民泊)ではあなたの知らない世界が広がっている。

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.