不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

「予測戸数」というよりも「期待戸数」?2016年首都圏マンション市場予測

不動産経済研究所が12月21日、「2016年の首都圏マンション市場予測」を発表。

2015年の4.12万戸(見込み)に対して、2016年は4.4%増の4.3万戸の見込みだという。

マンション供給は4.3万戸。都心回帰強まり再び増加へ。
  • 2015年は前年比8.3%減の4.12万戸の見込み。価格上昇響き2年連続の減少に。
  • 2016年は前年比4.4%増の4.3万戸。建築コストのアップは一服、郊外中心に駆け込みも。
  • 大手デベロッパー中心変わらずも、電鉄系が近郊の駅近大型物件などで巻き返しへ。

 

過去11年間、不動産経済研究所が発表してきた「予測戸数」と「実績戸数」を比べてみると、リーマンショックの影響から解放され新規取得案件が増えた2010年と、消費増税前の駆け込みで増加した2013年を除くと、予測戸数のほうが多いことが分かる(次図)。

f:id:flats:20151221191710p:plain

 

「都心回帰強まり再び増加」するという予測戸数(4.12万戸)は、期待戸数になってないか――。

あわせて読みたい

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.