不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

これがUR都市機構のAirbnb対策なのか?

湾岸エリアのUR賃貸は少なくとも9棟がAirbnbに”感染”しているというブログ記事(URは賃貸マンションを適切に管理できているか? )を12月7日(月)に投稿したところ、さっそく翌8日(火)にUR都市機構からメールを頂戴した。

実は、2週間前(11月30日)に、UR都市機構にAirbnb感染物件に関してメール照会していたのだが、それまで音沙汰がなかった。

具体的なメールのやり取りは次の通りである。

※照会メールのなかで、機構からの回答はブログで公開する旨の断りを入れている。

【筆者からの照会メール(11月30日)】

(前段のあいさつ文章は省略)
現在、都内でAirbnbに登録されているマンションの実態調査を実施しています。
御機構の複数の賃貸物件において、Airbnbに登録し、訪日外国人を有料で宿泊させている事例があるようです。

以下、差支えのない範囲で(ブログで公開しても構わない範囲で)、ご教示いただけると幸いに存じます。

  • Q1:御機構の賃貸物件において、Airbnbに登録されている物件を把握されているのでしょうか?

  • Q2:把握されている場合、具体的にどのような対応を取られているのでしょうか?
    把握されていない場合、今後、具体的にどのような対応を予定されているのでしょうか?

 

【UR都市機構からの回答(12月7日)】

f:id:flats:20151209045554p:plain

 

「お客様からの通報等により、Airbnbに登録された物件を確認した場合」は対応するという文面になっている。

「お客様からの通報等」がなければ、何もしないように読めるのだが、そんな対応でいいのだろうか。

あわせて読みたい

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.