不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

マンションに『民泊』が浸食(AERA)

ファションデザイナーのステファノ・ピラーティが表紙になっている、11月21日(土)に発売されたAERA(11月30日号)。

特集は「あなたのマンション、大丈夫ですか?」

目次はザット次のとおりだ。

  • 傾斜マンション管理組合 三井との闘争
  • 日本の建物蝕む「多重下請け構造」
  • いま買い時か売り時か
  • 開放LDKで夫にイラつく 間取り戦争勃発
  • Airbnb vs.マンション住民 湾岸タワーマンション一泊2万円
  • 都心マンション「爆買い」の現場

 

筆者が取材に応じたのは、「Airbnb vs.マンション住民 湾岸タワーマンション一泊2万円」のところ。

マンションに『民泊』が浸食」という見出しで、2ページ余りの記事。そのうちの15行ほど、筆者のコメントが掲載されている(写真の赤破線囲み部分)。

f:id:flats:20151124155935p:plain

豊洲の湾岸エリアのマンションで、11棟・12戸のAirbnb貸し出し物件が見つかったという話。
元ネタは、「豊洲でAirbnbに”感染”しているマンションは全部で11棟」。

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.