不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

世間の関心は移ろいやすい?傾斜マンション問題

世間の関心は移ろいやすい。

傾斜マンション問題に対して、早くも世間の関心は薄れつつあるようだ。

 

Googleでどれだけ「傾斜マンション」が検索されているのか、グラフで見るとよく分かる。

f:id:flats:20151109183750p:plain

 

連日のテレビ報道に、国民が飽きてきたのか。
あるいは、ニュースバリューが小さくなってきたので(視聴率が取れなくなってきたので)、テレビが扱う時間が少なくなってきたせいなのか。

どちらが卵か鶏はともかく、最近は一部の週刊誌で、ドギツイ見出しで取り上げられている程度。

  • 欠陥マンションの見抜き方(週刊ダイヤモンド 11月14日号)
  • ウソつきマンション」これから始まる悲劇と怒り(週刊現代 11月21日号)


傾斜マンション事件が風化する時間は、免震偽装事件と比べてはるかに短そうな状況だ(事件の風化に要する時間は?マンション傾斜・偽装事件)。

ニュースの主役は国土交通省(杭工事データ偽装)から、農林水産省(有機肥料データ偽装)に交代するのか――。

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.