不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

「Airbnbを利用している訪日外国人調査」の意外な結果

Airbnbを利用している訪日外国人は、どこの国の人が多いのか?
Airbnbで部屋を貸し出している外国人は多いのか?

最近、複数のマスメディアから、このような質問を立て続けに受けたので調べてみた。


もくじ

まずは、訪日外国人の国籍の確認から。

都内で宿泊した訪日外国人は、中国人がダントツの1位

観光庁が定期的に公表している訪日外国人消費動向調査には、都道府県別の訪日外国人(18区分)が掲載されている。

そこで、「平成26年の年間値の推計(暦年)」※確報値の「第3表 主な宿泊地(都道府県47区分および地方運輸局等10区分)別 回答者属性および旅行内容」データを用いて、2014年に都内で宿泊した外国人の国籍の割合をグラフ化してみた。

f:id:flats:20151004162043j:plain
中国人が29.0%でダントツの1位。
2位韓国人(13.7%)、3位台湾人(12.8%)。隣国からの訪日外国人が多いことが分かる。

 

次に、Airbnbで部屋を貸し出している外国人の割合を調べてみよう。

Airbnbで部屋を貸し出している外国人の割合を調べる方法

東京23区Airbnb市場動向(2015年10月度)」で紹介したように、東京23区全体のAirbnb登録物件数は7,706件(10月1日現在)。

7,706件もの物件を一つひとつ調べるのは大変なので、以下のようなポイント・サンプリング調査によって、外国人の割合を推定することにした。

まず、23区でAirbnb登録物件が最も多い渋谷区(1,577件)を対象に、アパートを貸し出している「スーパーホスト(≒優良ホスト)」に絞り込むと137件と表示された(次図)。
f:id:flats:20151005051525j:plain

137件の中には一人のスーパーホストが複数の物件を扱っている場合があるので、スーパーホストの人数は137よりも少ない。
今回のポイント・サンプリング調査によれば、137件の約9割がスーパーホストの人数(約120名)であることが推定できた。

このあとに紹介する宿泊者調査の手間のことも勘案し、渋谷区のスーパーホスト約120名全員ではなく、表示された順に上から53名のスーパーホストの国名(必ずしも「国籍」とは限らないので「国名」とした)を調べることにした。

 

Airbnbで部屋を貸し出している外国人の割合は低い

53名のスーパーホストの国名調査結果をグラフに示す。

f:id:flats:20151004173030j:plain

日本人が73.6%でダントツの1位。2位アメリカ(7.5%)、3位フランス(3.8%)と続く。

アジアでは、台湾が英国などと同じ1.9%で第4位。
中国や韓国はスーパーホスト53名の中にはいなかった!
 

次に、Airbnbを利用している訪日外国人がどこの国から来たのかを調べる。

Airbnb宿泊者がどの国から来たのかを調べる方法

渋谷区のスーパーホスト53名のそれぞれのプロフィール・ページを開くと、投稿日が新しい順に10名のゲスト(宿泊者)のレビュー(評価コメント)が表示される。
10名のあとに「もっと」のリンクをクリックすると、さらに多くのゲスト・レビューも表示される。
でも、調査の手間を勘案し、調査対象者は最初に表示された10名のゲストに限定した。

各ゲストの写真とともに、どこの国から来たのかが分かるように国名も表示されている(次図)。
国名が表示されていない場合には、さらにゲストのページを開いて国名を確認する。

f:id:flats:20151005055910j:plain

このようにして、530名(=スーパーホスト53名×ゲスト10名)の国名を一人一人調べていった。

 

アメリカとオーストラリアからの宿泊者だけで全体の4割

渋谷区Airbnbスーパーホストのアパートに宿泊した530名の国名調査結果をグラフに示す。

f:id:flats:20151004173041j:plain

1位のアメリカ(23.6%)と2位のオーストラリア(15.7%)だけで、全体の4割近くを占めている。

意外なことに、訪日外国人数1位の中国人や2位の韓国人は、Airbnbの宿泊者としては多くないことが判明した。

 

まとめ

  • 観光庁が定期的に公表している訪日外国人消費動向調査によれば、2014年に都内で宿泊した外国人の割合は中国人が29.0%でダントツの1位。2位韓国人(13.7%)、3位台湾人(12.8%)。隣国からの訪日外国人が多い。

  • 渋谷区Airbnbでアパートを貸し出している「スーパーホスト(≒優良ホスト)を対象にポイント・サンプリング調査した結果、Airbnbで部屋を貸し出しているのは、日本人がダントツの1位。2位アメリカ(7.5%)、3位フランス(3.8%)。中国や韓国はスーパーホスト53名の中にはいなかった。

  • 渋谷区Airbnbスーパーホストのアパートに宿泊した530名がどこの国から来ているのかといえば、1位のアメリカ(23.6%)と2位のオーストラリア(15.7%)だけで、全体の4割近くを占めている。

  • 訪日外国人数1位の中国人や2位の韓国人は、Airbnbの宿泊者としては多くないことが判明した。


いまマスコミが追いかけている旬な話題は、「大阪府議会で「民泊条例」の質疑始まる」。その大阪府の「民泊条例」案を解説した記事は、「大阪府の民泊条例でマンションの資産価値は守れるか」。

民泊やAirbnbの理解を深めるには、拙著「マンション住民は Airbnb対策を急げ![Kindle版]ご参照。Kindleを持っていない人でも、Kindleアプリ(無料)をインスト―ルすれば、スマホでもタブレットでも読むことができる。 

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.