不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

あなたのマンションはAirbnbに“感染”していないか?

f:id:flats:20150908223017j:plain

見慣れない数名の外国人が大型のスーツケースを引きずりながら、大声で我が物顔にエントランスを出入りしている。
共用施設の温水プールやジムをルール無視で勝手気ままに使っている。気づいた時には遅い。
そのマンションはすでにAirbnbに“感染”しているのだ。

 

Airbnbに代表される「ネット民泊」は、地方創生の一翼を担うことや、都市部における宿泊施設不足の解消に期待されているようなところがある。
一方、不特定多数の訪日外国人がマンションに出入りすることで、マンションの資産価値が毀損することが懸念されている。

Airbnbへの期待と課題が入り混じったなか、旅館業法やマンション管理規約上の取り扱いなどの問題をはらんだまま、日本ではAirbnbの登録物件数が急増している。

厚生労働省はAirbnbを含む「民泊」の規制緩和について、平成28年度に結論を出すとしているが、現在マンションに住んでいる人にとっては、そんなに悠長に構えていられないのではないだろうか。

日本のAirbnbの実態(現状と課題)が広く知れ渡ることで、「宿泊施設不足問題」や「マンションの資産価値の毀損問題」、「不公平な競争問題」など、Airbnbが抱えている問題の解決につながればという思いで本書をまとめた。

あなたのマンションはAirbnbに“感染”していないか?
マンション住民は Airbnb対策を急げ!  [Kindle版]

  • 第1章 国内でAirbnb登録物件が急増! 
  • 第2章 Airbnbでは日本人が関与しない世界が広がっている! 
  • 第3章 マンション管理組合はAirbnb対策を急げ! 
  • 第4章 「民泊条例」でマンションの資産価値を守れるか? 

 

 マンション住民は Airbnb対策を急げ!

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.