読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

あなたの街の震災時の危険度を知る!厳選サイト

大震災時の危険な地域はどこか?
どの地域が液状化しやすいのか?
想定外な状況を回避するには、立地の吟味が必要だ。

あなたの街の震災時の危険度を知るためのサイトを厳選しておいた。

インストールしておくべきスマホの無料の防災アプリ(8選) 」と合わせてご利用いただければと。


もくじ

Google防災マップ

2014年8月29日からGoogleが提供している防災マップ。
東京都が中心だが、次の7種類の地図情報が得られる優れものだ。

  • 全国―避難所情報
  • 東日本―公衆電話・特設公衆電話
  • 東京都―避難場所
  • 東京都―地区内残留地区
  • 東京都―火災危険度
  • 東京都―建物倒壊危険度
  • 東京都一災害時活動困難度を考慮した総合危険度

f:id:flats:20150831055830j:plain


液状化予測マップ(1都3県)

東京都(平成24年度版)

「利用上の注意事項」を経由して、「予測図」を閲覧ができる。

f:id:flats:20150831055937j:plain

 

神奈川県(平成21年3月) 

横浜市、川崎市、横須賀市の海岸沿いでは、液状化の可能性がかなり高いと想定されている。

f:id:flats:20150831060800j:plain

 

横浜市(平成24年10月)

被害想定の対象とした3地震の液状化危険度分布図が掲載されている。

f:id:flats:20150831060807j:plain

 

千葉県(平成19年度)

3種類の地震(東京湾北部地震、千葉県東方沖地震、三浦半島断層群による地震)に対する液状化予測マップが掲載されている。

f:id:flats:20150831060828j:plain

 

さいたま減災プロジェクト

災害情報の閲覧や投稿ができるサイト。
「マップオプション」で、避難所マップや液状化マップなどを表示することができる。  

f:id:flats:20150831060841j:plain

 

地震に関する地域危険度測定調査結果(東京都)

都内の町丁目ごとに「建物倒壊危険度」「火災危険度」「総合危険度」の3つの危険度を5ランクに分けたエクセルデータとマップが公開されている。

f:id:flats:20150831060948j:plain


地震ハザードカルテ(防災科学技術研究所)

任意の場所を検索して、その場所に関する地震危険度の診断書を作成することができる。

f:id:flats:20150831060956j:plain

 

防災地震Web(防災科学技術研究所)

地震観測網が捉えているリアルタイムの地震情報を閲覧することができる。

f:id:flats:20150831061012j:plain

 

地域防災計画データベース(総務省消防庁)

都道府県別に、防災に係る計画書などがPDFで閲覧できる。

f:id:flats:20150831061024j:plain

(本日、マンション広告なし)

合わせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2016年6月1日、このブログ開設から12周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.