不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

空き家管理士・相談士は、空き家問題の解決に資するか

f:id:flats:20160806170130p:plain

モーゲージプランナー住宅ローンアドバイザー愛犬家住宅コーディネーターなど、世の中には「本当に役に立つのか?」と思うような民間資格がいろいろとあるものだ。


今回紹介する「空き家管理士」もその一つなのかもしれない。

 

一般社団法人空き家管理士協会(2014年7月設立)が2015年1月に創設した「空き家管理士」。

7月15日から300名限定で第一期受講生募集中。

 

資格を取得するには、eラーニングを受講(43,200円)したあと、学科試験(32,400円)を受けなければならない。

合計75,600円の出費。

 

300人×75,600円=22,680,000円

 

2,200万円超の売り上げに加え、毎年360万円(=300人×12,000円)の会費収入が得られる空き家管理士ビジネス

 

空き家管理士協会の代表理事は建設会社(有限会社)の社長。
代表理事の会社住所は香川県なのに、協会の住所は港区の南青山。
気になったので調べてみると、南青山の事務所は月額2,835円のバーチャルオフィスであることが分かる。

eラーニングから学科試験まで、資格取得までの一連の業務は2015年4月に設立されたばかりの東京アーキテクトスクールが対応。

空き家管理士によって、少しでも空き家問題の解決につながるといいのだが。

 

そういえば、全国不動産コンサルティング協会が2015年のなるべく早い時期に創設するとしていた「空き家相談士」はどうなったのだろうか・・・・・・。

(本日、マンション広告3枚)

 資格を取ると貧乏になります (新潮新書)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.