不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

2015年首都圏新築マンション供給予想は4.5万戸のまま

不動産経済研究所は7月14日、「2015年上半期の首都圏マンション市場動向」を発表。
同発表資料のなかに、今年下半期の予定戸数が掲載されている(赤破線囲み部分)。

f:id:flats:20150714162917j:plain

この下半期の予定戸数については、まったく何も解説されていないので、以下に筆者が読み解いてみよう。

 

そもそも、この下半期の予想はどの程度当たるのか?

不動産経済研究所が過去に発表している実績データと合わせて、下半期の予想と実績のグラフを作成してみた。 

f:id:flats:20150714164845j:plain

多少のデコボコはあるものの、過去5年間の「下半期」の予想の精度は高そうだ。

 

なお、昨年の予想の破線が描かれていないのは、なぜか昨年の発表資料に限り下半期のデータが掲載されていなかったため(「首都圏新築マンション、下期の販売戸数の落ち込みは激しいのか?」参照)。

2015年首都圏新築マンション供給予想は4.5万戸

2015年の上半期の実績(18,018戸)と下半期の予想(27,000戸)を合計した45,018戸が2015年の年間供給戸数(予想)となる。

この45,018戸という予想値は、不動産経済研究所が2014年12月24日に発表した「2015年の首都圏マンション市場予測」のなかに記載されている4.5万戸と整合している。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/flats/20141225/20141225203929.jpg

2015年首都圏マンション市場予測 「予想戸数」というよりも「期待戸数」では? 」から

 

ということで、業界は、2015年の首都圏新築マンション供給戸数4.5万戸の旗を掲げたままだということが分かった。

(本日、マンション広告なし)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.