不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

新国立競技場建設費 2,520億円あればできること

新国立競技場総工費2,520億円への対案は1,000億円」のブログ記事の反応はすごかった。

当ブログが転載されたBLOGOSの記事へのアクセス記録をみても、PV数こそ「ヤフー・ソニー提携 街の不動産屋さんに激震走る」に負けているものの、「コメント」の数と「支持」の数は圧倒的に多い。

多くのコメントに、2,520億円のデタラメさに対する怒りが渦巻いている。

f:id:flats:20150710172538j:plain

 

新国立競技場総工費2,520億円。

庶民にとって年収以上の額はピンと来ないので、「2,520億円あればできること」を例示しよう。

 

過去のオリンピックのメインスタジアムが4つ建てられる

f:id:flats:20150711101604j:plain

シドニーオリンピックロンドンオリンピックのメインスタジアムの工事費の合計が2,428億円。

だから、これら全部を建てても92億円お釣りがくるのだ。

f:id:flats:20150712070203j:plain

(各写真はWikimediaより)

 

東京スカイツリーが6.3基建てられる

東京スカイツリー(工事費400億円)を6基建てても120億円のお釣り。

f:id:flats:20150711102407j:plain

(写真はWikimediaより)

(本日、マンション広告なし)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.