不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

首都圏新築マンション 23区の発売単価下落の兆候か

 

 

http://www.flickr.com/photos/69383258@N08/7797524972

photo by NRCgov

 

不動産経済研究所は2月16日、「1月の首都圏マンション市場動向」を発表。 

  • 発売8.1%減の1,679戸。契約率は74.9%と再び7割を突破。
  • 平均価格4,455万円、m2単価63.9万円。在庫は478戸減の5,564戸。

この見出しだけでは、よく分からないので、同研究所が毎月発表している数値データをもとに、首都圏新築マンション市場動向のトレンドを可視化(グラフ化)してみた。

 販売在庫、発売戸数・単価の推移(首都圏)

f:id:flats:20150216214607j:plain

発売単価はここ数カ月、乱高下しながらも上昇トレンドにあったのだが、ここにきて2カ月連続で下落。一気に64万円を切った。

 

販売在庫は4月以降、3,500戸~3,700戸前後で推移していたが、12月は6千戸に急上昇し、1月も5,100戸超を維持。

 

発売戸数は4月以降、2,100戸~4,200戸前後で推移していたが、12月に9,389戸に激増後、1月は1,679戸まで下がる
ただ、例年12月の供給戸数は多く、1月は少ないので驚くには値しない。

m2単価の推移(1都3県)

f:id:flats:20150216215311j:plain

23区の発売単価は、8月に99.0万円のピークを記録したあと、上下動が激しかったが、ここに来て下落の兆候か――。

 

発売戸数(1都3県の内訳)

 f:id:flats:20150216215332j:plain

23区に着目すると、1月の供給戸数674戸は、前年同月比で▲26.0%の減

 

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.