不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

世界50都市の安全性ランキング 東京1位、大阪3位

http://www.flickr.com/photos/41694433@N08/5156214024

photo by Inventorchris

 

Economist誌は1月25日「The Safe Cities Index 2015日本語版)」を発表。


総合ランキングは次のとおり、東京1位、大阪2位となっている。

  •  1位:東京(85.63)
  • 2位:シンガポール(84.61)
  • 3位:大阪(82.36)
  • 4位:ストックホルム(80.02)
  • 5位:アムステルダム(79.19)
  • 6位:シドニー(78.91)
  • 7位:チューリヒ(78.84)
  • 8位:トロント(78.81)
  • 9位:メルボルン(78.67)
  • 10位:ニューヨーク(78.08)

4つのカテゴリー別に見ると、東京、大阪のランキングは次の通り。

「医療・健康環境の安全性」と「インフラの安全性」のランキングは高くない。

  • サイバーセキュリティ:東京(1位)・大阪(5位)
  • 医療・健康環境の安全性:東京(8位)・大阪(6位
  • インフラの安全性:東京(5位)・大阪(12位
  • 個人の安全性:東京(2位)・大阪(3位)

 

レーダーチャートにするとこんな感じ。

f:id:flats:20150201112009j:plain

米国はで総合ランキングトップ10に入っているのはニューヨークのみ。

また、サイバーセキュリティの分野ではヨーロッパ都市のスコアは軒並み低調(最高位はロンドンの16位、最下位はローマの35位)。

 

なお、本レポートは「NEC協賛」のもとに作成されていること、聞き取り調査の対象となった専門家のなかに舛添 要一(東京都知事)武藤 敏郎(2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、事務総長)が含まれていることなどの影響があるのかもしれない点に要留意。

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.