不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

首都圏新築マンション分譲単価、再び上昇

不動産経済研究所は12月15日、「11月の首都圏マンション市場動向」を発表。

  • 供給3,337戸,33.3%減と10ヵ月連続の減少。契約率は78.4%。
  • 平均価格5,224万円,3ヵ月ぶりの上昇で再び5,000万円台に。

この見出しだけでは、よく分からないので、同研究所が毎月発表している数値データをもとに、首都圏新築マンション市場動向のトレンドを可視化(グラフ化)してみた。 

販売在庫、発売戸数・単価の推移(首都圏)

f:id:flats:20141215205535j:plain

発売単価は9月(66.5万円/m2)、10月(63.8万円/m2)と2カ月連続で下落したが、再び上昇に転じた。

販売在庫は4月以降、3,500戸~3,700戸前後で推移していたたが、11月は3,862戸に上昇。
発売戸数は4月以降、2,100戸~4,200戸前後で推移。

m2単価の推移(1都3県)

f:id:flats:20141215205553j:plain

23区の発売単価は、8月の99.0万円をピークに、10月に77.7万円まで大きく下落したが、11月に94.2 万円まで回復。

発売戸数(1都3県の内訳)

f:id:flats:20141215205602j:plain

23区に着目すると、11月の供給戸数1,638戸は、前年同月比で▲36.6%の減。

 

同研究所によれば、供給の落ち込みは「秋商戦の佳境を迎える時期に第1期で100戸以上を販売する物件がないなど、大型物件の供給後ろ倒しが主な原因(朝日新聞デジタル 2014年12月15日 )」とのこと。

 

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.