不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

佐々木俊尚 時代の半歩先を行く著書を期待

佐々木 俊尚の新書は、これまで大抵読んできた。

  • ウェブ2.0は夢か現実か?―テレビ・新聞を呑み込むネットの破壊力 2006/8
  • ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか 2006/12
  • 次世代ウェブ グーグルの次のモデル  2007/1
  • ネット未来地図 ポスト・グーグル時代 20の論点  2007/10
  • ひと月15万字書く私の方法 2009/5/21
  • 2011年新聞・テレビ消滅  2009/7
  • 仕事するのにオフィスはいらない 2009/7
  • ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語  2009/10
  • ネットがあれば履歴書はいらない-ウェブ時代のセルフブランディング術 2010/1
  • 電子書籍の衝撃  2010/4
  • キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる  2011/2
  • 「当事者」の時代 2012/3

毎回、時代を先取りした内容にワクワクしながら、読んできた。

勝間和代がマスコミに出過ぎて、やがて本業とはかけ離れた本、たとえば「ちょいブスの時代 ~仕事と恋愛の革命的変化 (宝島社新書)2013/7/10」を出してから読まなくなった。

佐々木 俊尚も簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうである。 2014/2/27」を出した。ちょっと違うんじゃないか(料理本が気に入っている人、ゴメンナサイ)。

 

朝日新聞での書評は毎回、関心しながら読んでいるし、毎日、ツイッターで発信されるキュレート情報も興味深く読ませてもらっている。

「自分でつくるセーフティネット~生存戦略としてのIT入門~2014/7/26」というタイトルに惹かれて、Kindle版ではなく、あえて紙の本を買って読んだ。

以前のような、時代を先取りするような内容を感じられないのは、毎日のキュレート情報に接しているせいか・・・・・・。

 

でも、目鱗な情報もあり、決して悪い本ではない。

 

セーフティネットを取り戻すための新しい「情の世界」をつくるための処方箋がしつこいまでに語られている。

「総透明化の時代」においては、自らを丸見えにすることで、逆に得るものがあるという、具体例を掲げての説明には大いに納得させられる。

 

グローバリゼーションという強い「理の世界」と対抗するために、「情の世界」を取り戻す。

そのための生存戦略として掲げられているのは、次の4つだという。

  • 生存戦略としての、見知らぬ他人を信頼すること
  • 生存戦略としての、多くの人との弱いつながり
  • 生存戦略としての、善い人
  • 生存戦略としての、自分の中途半端な立ち位置を知るということ

 次回は、さらにキュレートのきいた、時代の半歩先を行く著書を期待している。 

(本日、マンション広告なし)

自分でつくるセーフティネット~生存戦略としてのIT入門~

自分でつくるセーフティネット~生存戦略としてのIT入門~

 

 

 

 

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.