読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

2014年10月のアクセス数トップ10記事

トップ10記事

10月は、可視化(地図化)シリーズへのアクセスが多かった(というよりも最近可視化記事に凝っている)。

特に、TOP5は「空き家問題」を扱った記事が占めた。


1位:「空き家率」が上昇している状況を可視化(地図化)してみた

  • この5年間で空き家率が上昇している様子が一目瞭然だ。

 

2位:山梨県・長野県、空き家率が高い意外な理由

  • 長野県と山梨県には「別荘」の割合が高いので、結果的に空き家率が高い。

 

3位:全国の「空き家率」が上昇 衝撃のアニメーション

  • 都道府県別の空き家率を可視化したブログ記事『空き家率』が上昇している状況を可視化(地図化)してみた」が好評だったので、“アニメ化決定!”

 

4位:マスコミが伝えない、新築マンションの過剰供給問題

  • マスコミに代わって、マンションのスラム化・過剰供給問題が分かる6冊(うち3冊は絶版)を紹介。

 

5位:都心の「空き家率」を可視化(地図化)してみた

  • 2003年から2008年にかけて「空き家率」の高い地域が広がっているように見える。

 

6位:マンション市場縮小 衝撃のアニメーション

  • 1都3県の新築マンション発売戸数の推移グラフを、もっと分かりやすくするために、データを地図に落としてアニメーション化してみた。 

 

7位:都会と地方の経済格差について可視化してみた

  • ジニ係数が0.39以上なのは、14都府県。うち、社会が不安定化する危険水準といわれている0.4を超えているのは5県。幸いなことに、まだ不安定感の兆候は報告されていない。

 

8位:1都3県、在留外国人の分布を可視化(地図化)してみた

  • 在留外国人のトップ5(中国人、韓国・朝鮮人、フィリピン人、米国人、ブラジル人)が1都3県にどのように分布しているのか、地図化してみた。

 

9位:在留韓国・朝鮮人が減少 衝撃のアニメーション

  • 中国人(台湾人を含む)の数が漸増しているのとは対照的に、韓国・朝鮮人の数は2009年から漸減している!

 

10位:設計事務所とゼネコンの売上高ランキング

  • 建築関係の業界紙「日経アーキテクチャ」2013年9月10日号に、設計事務所と建設会社のランキング情報が掲載されていたので抜粋。

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2016年6月1日、このブログ開設から12周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.