不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

在留韓国・朝鮮人が減少 衝撃のアニメーション

  1都3県の在留外国人を可視化したブログ記事「1都3県、在留外国人の分布を可視化(地図化)してみた」が好評だったので、特に多い中国人と韓国・朝鮮人の“アニメ化決定!

  

法務省の「在留外国人統計(旧登録外国人統計)」から、1都3県の中国人と韓国・朝鮮人の登録人数の数値データをグラフ化したのが次図。

f:id:flats:20141019144348j:plain

中国人(台湾人を含む)の数が漸増しているのとは対照的に、韓国・朝鮮人の数は2009年から漸減している

  

もっと分かりやすくするために、データを地図に落としてアニメーション化してみた。

まずは、2006年~2013年の在留中国人(台湾人を含む)のアニメーション。

f:id:flats:20141019145423g:plain

<中国人(台湾人を含む)>

 

都心部を中心に徐々に増加していく様子が見て取れる。


次に、2006年~2013年の在留韓国・朝鮮人のアニメーション。

f:id:flats:20141019144445g:plain

<在留韓国・朝鮮人>

 

 

2010年あたりから、23区の韓国・朝鮮人が減少していく様子は衝撃的だ。

  

ちなみに、在留中国人(台湾人を含む)が多いトップ10(2013年)は次の通り。

  • 1位:埼玉県川口市(14,103人)
  • 2位:新宿区(13,049人)
  • 3位:豊島区(11,824人)
  • 4位:江戸川区(11,739人)
  • 5位:江東区(11,011人)
  • 6位:板橋区(9,635人)
  • 7位:足立区(9,030人)
  • 8位:横浜市中区(9,020人)
  • 9位:北区(8,008人)
  • 10位:大田区(7,666人)

 

韓国・朝鮮人のトップ10(2013年)は以下。

  • 1位:新宿区(11,678人)
  • 2位:足立区(7,997人)
  • 3位:荒川区(6,118人)
  • 4位:江東区(4,662人)
  • 5位:江戸川区(4,613人)
  • 6位:世田谷区(4,165人)
  • 7位:練馬区(3,992人)
  • 8位:川崎市川崎区(3,839人)
  • 9位:港区(3,764人)
  • 10位:大田区(3,736人)
[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.