不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

23区の新築マンション価格、09年を境に上昇に転じる


本日、マンション広告なし。

    • -

不動産経済研究所が12月19日に発表した「2014年の首都圏マンション市場予測」の中に、1都3県の「分譲価格」と「1m2当たりの価格」の06年以降のデータも掲載されている。
そこで、首都圏の新築のマンションの価格動向を把握すべく、縦軸を平均分譲価格、横軸を平均床面積として、02年以降の変化を“見える化”してみた。
※13年のデータは、1月〜11月の平均値。02年から05年のデータは過去の発表資料による。
分譲価格と床面積の推移

23区
23区の新築マンションの価格は、06年から07年にかけて一気に上昇した後、床面積を削減しながら09年まで毎年下落。
ところが、09年を境に床面積は抑制されながらも、平均価格は上昇に転じている。


首都圏
首都圏の新築マンションの価格が06年から07年にかけて一気に上昇した後、床面積を削減しながら09年まで毎年下落しているのは23区と同様。
ただ、09年以降は床面積の変動幅は小さくなり、平均価格の変動幅も小さい。

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.