不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

6月のアクセス数トップ10記事(2012年)


本日、マンション広告なし。

    • -
  • 第1位:通勤電車の混雑率ランキング
    • 国交省鉄道局のホームページに掲載されている主要区間の路線の混雑率データ(平成21年度)をもとに、東京圏、大阪圏、名古屋圏それぞれについて、混雑率の高い順に路線を並べてみた。




  • 第4位:機械式駐車場は最悪だ!
    • デメリットは、毎月の維持管理費が高いこと、車高の高いRV車などが収納できない可能性があることなど。特にパズル方式などは、車の出仕入れに時間がかかり、使い勝手はすこぶる悪い。


  • 第5位:過去10年間の新築マンション市場(首都圏)を見える化
    • 07年から11年にかけて、「平均専有面積」が小さくなることで、「平均価格」が下がっている。耐震強度偽装事件を受け、改正建築基準法に対応するための、マンション事業の遅延コスト増や、設計・工事監理などのコスト増が、最終的にはマンション価格に反映している。 






  • 第8位:マンションの紛争は「騒音」がダントツ
    • (財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターが6月8日、「住宅相談と紛争処理の状況 CHORD REPORT 2012」を発表。共同住宅(マンション)の「相談件数の多い不具合部位・事象」や「主な紛争処理の争点」データも掲載されていたのでグラフ化しておいた。


  • 第9位:「15階建て」のマンションは事業者都合だ
    • 15階建てのマンションは、マンション・デベロッパーの事業採算性を高める効果(と分譲価格を抑えられるというメリット)はあるものの、空間の豊かさも遮音性能も劣るし、直床だから将来のリフォームがやりにくいなど、といったデメリットがあるということに注意を要する。


  • 第10位:超高層のお犬様マンション
    • 28階に設置された3層吹き抜けの「ドックラン」には驚いた。お犬様のためのリッチな人工空間。愛犬家でない人たちも、この「ドックラン」に係る建設費や維持管理費を負担しなければならないのだ。


1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.