不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

首都圏マンション年間供給戸数、当初見込みの4.5万戸を達成できるか


本日、マンション広告なし。

    • -

不動産経済研究所が12月15日、11月の首都圏マンション市場動向を発表。

  • ◎供給31%増の4,820戸、東京3割増、埼玉2.5倍。
  • ◎価格は7.2%下落の4,519万円、契約率79.6%。



この見出しだけでは、よく分からないので、同研究所が毎月発表している数値データをもとに、首都圏新築マンション市場動向のトレンドを“見える化”してみた。

販売在庫、発売戸数・単価の推移(首都圏)
販売在庫、発売戸数・単価の推移(首都圏)
この2年間、発売単価を高めに維持しながら、過剰な在庫処分に成功し、低迷期を脱出しつつあるのだが――
8月に72.8万円/m2と大幅に上昇したのもつかの間、9月に62.2万円/m2と大幅にダウン。10月62.9万円/m2、65.0と万円/m2低水準が続く。


発売戸数(都3県の内訳)
発売戸数(都3県の内訳)
都3県発売戸数の内訳を見ると、23区が1,531戸(10月)から2,488戸(11月)と急激に盛り返している。


新築マンション供給累計戸数(首都圏)
震災後(7月14日)に発表した「2011年上半期の首都圏マンション市場動向」では、下半期と年間の市場動向として、年間供給は4.5万戸前後と予想していた。
ほんとうに「4.5万戸前後」を達成できるのだろうか?


同研究所が毎月発表している「首都圏マンション市場動向」のデータをもとに、新築マンションの供給累計戸数の年間比較グラフを作成してみた。
新築マンション供給累計戸数(首都圏)
11月までの累計戸数は36,500戸。
同所の発表によれば、12月の発売戸数の見通しは、8,600戸となっている。
単純に計算すれば、年内の累計戸数は45,100となり戸、当初予想の4.5万戸をなんとかクリアできる。
さてさて、結果はいかに?

ときどき つぶやいています。

↓ ↓ ↓

http://twitter.com/1manken

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.