不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

申し込み状況は「極めて好調」ってか?


本日、マンション広告1枚。

【第1期 本広告】銀座1丁目駅直通5分、駅徒歩11分。総戸数600戸、52階建。販売戸数250戸、1LDK(58.87m2)〜4LDK(103.74m2)。販売価格3,990万円〜10,990万円、最多価格帯5,500万円台(19戸)。平成24年12月上旬竣工(本チラシ掲載日の1年後)。

  • ※1月8日(土)・2月27日(日)・6月12日(日)・10月21日(金)・11月26日(土)・12月2日(金)の物件と同じ。

湾岸マンション群エリアの一角に建つ最後のタワーマンション。


今週末に受付が締切となるタワーマンションの「本広告」。
週末でなく、週のど真ん中の水曜日に折り込みチラシが入るのは、とっても珍しい。
総戸数600戸のうちの約4割(250戸)が販売対象となっている。


先日のブログ記事(物件の人気度を知る裏ワザ)に書いたように、当初の販売開始時期を小刻みに延伸して、7カ月遅れでようやく販売を開始した物件なので、「即日完売」するのかと思っていたのだが――
受け付け締め切り間際になって、広告を出すということは、事前の集客が予定通り進まなかったのか、あるいは、ここにきてキャンセルが続出したのか・・・・・・。


そういえば、今朝の朝日新聞に次のような記事が出ていた。

東京湾岸にマンション再び ブラント復権へ液状化対策
東京湾岸地区で、東日本大震災以降、延期が続いていたマンションの発売が本格化している。大手の野村不動産三菱地所が相次いでタワーマンションの販売を開始。
液状化などで傷ついた湾岸ブランドだが、業界では「2社の売れ行きが今後の販売の試金石になる」と期待を寄せている。
(中略)
N不動産は3日から、東京・東雲で「〇〇(=物件名)」(52階建て、600戸)の販売を始めた。震災後は、液状化対策を強化するなど防災対策を進めた。
平均価格帯は5,500万円。6日現在で今回発売する250戸の9割以上に申し込みがあり、広報担当者は「極めて好調」という。
(後略)

どうやらまだ「即日完売」の見通しが得られていないらしい。
「極めて好調」という割には、登録締切り間際の水曜日にマンション・チラシを出している。
本当に「極めて好調」なのか???

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.