不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

新築マンション(大阪圏)価格動向、鑑定評価員コメント(11月22日)


本日、マンション広告なし。

    • -

国土交通省が11月22日、全国主要都市の計150地区を対象に四半期ごとに実施している「主要都市の高度利用地地価動向報告(地価LOOKレポート)」を公表。
比較的バイアスのかかっていない、新築マンション市況を知り得る数少ない情報ではないだろうか。
大阪圏の新築分譲マンションの価格動向を中心に、「鑑定評価員のコメント」を拾ってみた。


京都

  • 京都市(中京区/二条)【マンション分譲価格:横ばい】
    • マンション適地が少ないため、このところ新規分譲は見られない。マンション分譲価格は横ばい基調である。


  • 京都市(中京区/下鴨)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 京都市内の駅近で利便性の高いマンション適地は、極めて高い需要が継続している。マンション分譲価格は横ばいで推移しているが、業者の仕入れ値が上昇していることから今後は分譲価格も上昇する可能性がある。


  • 京都市(西京区/桂)【マンション分譲価格:横ばい】
    • マンション適地が少なく、分譲マンション事業が希少なため価格動向が見えにくいが、マンション分譲価格は前期から当期にかけては横ばい傾向である。


  • 京都市(伏見区/桃山)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 新築分譲は見られないが、周辺部での安価な供給物件との競合を踏まえると、マンション分譲価格は前期から横ばいで推移した。また賃料としては上記のように既存の空室状況が高い中で下落傾向となった。



大阪

  • 大阪市(福島区/福島)【マンション分譲価格:横ばい】
    • マンション分譲価格は横ばいで推移している。販売価格水準が高く、値下げも難しい物件を除き、売れ行きは好調である。今後、競合物件の新規供給が増加するが、梅田周辺の高額マンションの影響を受け、地区内の販売価格水準が上昇する可能性もある。エンドユーザーの需要は引き続き好調であり、幅広い物件に需要が広がりつつある。


  • 大阪市(天王寺区/天王寺)【マンション分譲価格:横ばい】
    • マンション分譲は、これまで比較的順調な販売が続いたため、販売中の戸数は少なくなっている。しかし需要は見込めるため、マンション分譲価格は前期に引き続き、横ばいである。


  • 豊中市(豊中)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 周辺地域のマンション分譲価格はやや下落傾向にあるが、北摂地区の中でも千里中央駅は中心的な駅であることから新規分譲マンションの需給はともに多く、マンション分譲価格は横ばい傾向である。その中でも人気の有無は立地並びに利便性等により分かれている。東日本大震災の影響は目下のところ特に見られない。


  • 吹田市(江坂周辺)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 江坂駅周辺地区の新築マンションの販売は好調である。主に江坂地区の賃貸マンション居住者が購入者の中心で、分譲価格は現在の賃料とローン返済額に見合った金額に設定されており、マンション分譲価格は横ばいで推移している。



兵庫

  • 神戸市(灘区/六甲)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 分譲マンションの新規供給が一段落し、新築・中古共に優良物件に対する需要は高まりつつあるが、高額物件の動きが依然として鈍いことから、当地区のマンション分譲価格は横ばい傾向にある。


  • 神戸市(東灘区/岡本)【マンション分譲価格:横ばい】
    • マンションの需要があるにもかかわらず、供給が少ない状態が続いているため、中古マンション市場も安定的である。マンション分譲価格については、新築と中古の価格水準の差が小さいのが近時の当地区の特徴であるが、総じて価格は横ばい状態にある。


  • 神戸市(西宮市/甲子園口)【マンション分譲価格:上昇(0%超3%未満)
    • この7月に甲子園口北町での大手デベロッパーによるマンションの第1期新規分譲(60戸)は即日完売であった。販売価格は高めの設定であったが、甲子園口駅から徒歩4分である点が注目された。周辺地域を含む標準的なマンション分譲価格は概ね横ばいである。


  • 神戸市(芦屋市/JR芦屋駅周辺)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 当地区の高額分譲マンションの需要者は県内外の富裕層が中心であり、景気の影響にあまり左右されず、マンション分譲価格は高水準にて横ばい傾向にある。一方、同じ芦屋市においても二極化の傾向は進んでいる。


  • 尼崎市(武庫之荘)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 前期から新規の新築分譲マンションは見受けられないが、現在分譲中の売行きは好調でマンション分譲価格も横ばいのまま推移している。中古物件のマンション価格は、世界的な経済情勢の悪化等一般的要因から慎重な姿勢が伺え、若干下落傾向にはあるものの概ね横ばいにて推移している。



奈良

  • 奈良市(奈良登美ヶ丘)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 今期は当地区周辺から近鉄奈良線エリアまで範囲を拡げても同一需給圏内で新規マンション分譲は見当たらないが、近時の傾向として駅近の好立地物件はやや高価格設定でも販売は好調。当地区の駅接近性、商業施設の充実度等を考慮するとマンション分譲価格はほぼ横ばいである。なお、区画整理地区内で建設予定の分譲マンションについての問い合わせが増加しており関心の高さが窺える



関連記事


1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.