不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

11年の首都圏マンション供給戸数、4万戸達成?


本日、マンション広告1枚。

    • -

首都圏マンション市場に勢いが戻ってこない。


不動産経済研究所が震災前の1月19日に発表した、2011年の首都圏マンション供給戸数予想は、「5.0万戸」だった(次図参照)。
予想と実績


そして、震災後(7月14日)に発表した「2011年上半期の首都圏マンション市場動向」では、下半期と年間の市場動向として、次のように予想していた。

秋口以降は供給復調へ、年間供給は4.5万戸前後に。

  • (1)下半期(7〜12月)の供給見込みは2万6,810戸、前年同期(2万4,364戸)では10.0%増。
  • (2)年間では昨年(4万4,535戸)並みの4.5万戸に。電力不足で夏場を回避、秋口以降に回復へ。

そうなのだ、ほんの4カ月前には、「秋口以降は供給復調」に向かい、年間供給戸数は「4.5万戸前後」と予想していたのだ。


ほんとうに「4.5万戸前後」を達成できるのだろうか?


同研究所が毎月発表している「首都圏マンション市場動向」のデータをもとに、新築マンションの供給累計戸数の年間比較グラフを作成してみた。
新築マンション供給累計戸数の年間比較(首都圏)
2009年の3.6戸は上回りそうだが、2010年の4.5万戸を上回るのは難しいのではないか。


10月までの累計戸数(実績)が31,680戸だから、4万戸を達成するのでさえ、残りの2カ月で8,320戸を供給する必要がある。
同研究所が11月15日に発表した「首都圏マンション市場動向(11月度)」によれば、11月の発売戸数の見通しは4,600戸。
例年、11月よりも12月のほうが供給戸数が多い傾向にあるので、なんとか4万戸は達成できるのかもしれない。


関連記事

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.