不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

AR(拡張現実)で、一生の買い物の良し悪しが判断できる?


本日、マンション広告なし。

    • -

三菱地所レジデンスは11月14日から、AR(Augmented Reality:拡張現実)をマンション販売現場に導入。
インターネット上で無料配布されるモバイルアプリケーション「The Parkhouse AR Viewer」をインストールしたアイパッドスマートフォンなどを使えば、そのモニターに映し出した現実の風景にデジタル作成した立体CGや動画などのコンテンツを重ね合わせてビジュアル化するという。


AR(拡張現実)で、一生の買い物の良し悪しが判断できるのか?


最近のマンション販売は、青田売りが主流。
かつて、モデルルームによる販売(=青田売り)を廃止し、完成直前に販売する(=現場現物売り)ことを売りにしていたマンション専業大手があったのだが、遠い昔の出来事。


関連記事

ときどき つぶやいています。

↓ ↓ ↓

http://twitter.com/1manken

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.