読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

「最終期最終次」って、いったい・・・

期分けの研究 チラシ研究

物流センター跡地に建つ大規模マンション。

東京駅直通29分、駅徒歩24分。総戸数247戸、13階建。平成22年7月竣工済み(本チラシ掲載日の7カ月前)。

  • 最終期最終次 本広告】販売戸数3戸、3LDK(75.58m2)〜4LDK(85.67m2)。販売価格3,618万円〜3,828万円。
  • 【先着順住戸】販売戸数10戸、3LDK(81.11m2)〜5LDK(113.63m2)。販売価格3,298万円〜5,598万円。
  • ※09年4月29日(水)、10年6月18日(金)、11月20日(土)の物件と同じ。



B4判のチラシのオモテ面に違和感のあるキャッチコピー。

  • いよいよ最終期最終次

「最終期最終次」っていったい、何期の何次なの?


『マンション・チラシの定点観測データベース』とリクルート社のフリーマガジン「SUUMO新築マンション(首都圏版)」のバックナンバーをひも解いてみた。
次のように、少なくとも11回に小分けされ販売されている。

  • 第1章(発売戸数70戸)
  • 第1期(発売戸数20戸)
  • 第2期(発売戸数7戸)
  • 第3期1次(発売戸数5戸)
  • 第3期2次(発売戸数5戸)
  • 第3期3次(発売戸数15戸)
  • 第4期(発売戸数12戸)
  • 第5期(発売戸数5戸)
  • 最終期1次(発売戸数4戸)
  • 最終期2次(発売戸数4戸)
  • 最終期最終次(発売戸数3戸)

「最終期 最終次」とは、「第6期 3次」とも言い換えられる。
「次」を使わなければ、「第11期」だ。
これでは、「この物件は、売れていません」と言っているようなものだ。
だから、この業界では、「第1章」だとか「最終期」とかいった、売れ行き不振をカムフラージュする表現が出回っているのだ。


関連記事

(本日、マンション広告3枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2016年6月1日、このブログ開設から12周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.