不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

平成20年 住生活総合調査結果、居住者が重視するのは安全性

住宅・住環境の中で最も重要と思うもの


本日、マンション広告なし。

    • -

国土交通省が12月28日、「平成20年住生活総合調査の調査結果(速報)」を公表。
1960年以降、5年ごとに実施されてきて、平成20年調査は11回目。
今回から住宅・土地統計調査との連携が強化され、これまでの『住宅需要実態調査』が『住生活総合調査』と名称が改められた。


名称の変更と合わせて、いくつかの調査項目が新たに追加された。
そのひとつが、「住生活において居住者の重視する事項」。


当然といえば当然だが、「住宅・住環境の中で最も重要と思うもの」のトップ3が、地震・防災や治安など、安全性に関する事項(右上グラフ参照)。
日常の買い物や利便施設、間取りの広さや福祉・介護サービスといった利便性・快適性に関する事項は二の次となっている。


意外だったのは、「通勤・通学などの利便」は第7位とそれほど高くないこと。
調査対象が、通勤ラッシュの厳しい首都圏だけでなく、全国だからなのだろう。

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.