不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

不動産経済研究所のマンション市場予測は―

1物件当たりの平均戸数の推移(首都圏


本日、マンション広告なし。

    • -

不動産経済研究所が12月21日、「2010年の首都圏マンション市場予測」を発表。
1年前に公表された「2009年の首都圏マンション市場予測」の「2009年は11.6%増の4.7万戸」という楽観的な予測が大外れ(実際には3.5万戸になる見込み)であったことは、昨日のブログに記した通り。
まあ、業界を鼓舞する“大本営発表的な戸数”であると割り切ってしまえば、さもありなん。


1年前に公表された2009年の市場予測には、戸数以外に、次の3項目も掲げられていた。

  • 超大型物件のリスク避け、100戸規模の中型物件にシフト。
  • 在庫処理が最優先も、荒れた市場の回復がキーポイント。
  • 大手間の競争激化、ハウスメーカー・商社は縮小へ。

一方、今回公表された2010年の市場予測の3項目は、次の通り。

  • 超大型物件のリスク避け、100戸規模の中型物件にシフト。
  • 在庫は適正水準に、着工の落ち込みは用地取得の復活で解消。
  • 大手間の競争激化、電鉄・商社系・異業種大企業傘下デベも。

よく見ると、2010年の第1項目の記載内容は、2009年の記載内容と全く同じだ。
このことは、1年前(2009年)の「100戸規模の中型物件にシフト」という予測も外れたことを意味しているのではないのか。


不動産経済研究所が毎月発表している首都圏新築マンションの「1物件当たり平均戸数」をグラフにしてみた(右上グラフ参照)。
「超大型物件のリスク避け、100戸規模の中型物件にシフト」と予測した割には、今年の1月以降、1物件当たり平均戸数は、どちらかといえば増加傾向にあるぞ!

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.