不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

音環境に関する裁判例の分析結果は―

(C)住宅リフォーム・紛争処理支援セン


本日、マンション広告なし。

    • -

昨日の続き
住宅リフォーム・紛争処理支援センターが10月21日に公表した「相談統計年報2009」から。
「TOPICS 住宅の音環境に関する不具合相談や裁判例の分析」として、2005年4月〜2008年3月までの17,650件の不具合事象電話相談に加え、1985年〜2007年の間に訴訟の申立がなされた45の裁判例について、分析結果が掲載されている(右上グラフ参照)。


原告の要求内容としては、「損害賠償」が40件と最も多い。
次が「騒音差止」の10件。


また、訴訟の判決に理由・根拠として使用された法的規制・基準では、民法709条(不法行為による損害賠償)に基づくものが60%を超えてトップ。
これに対し、環境基本法(旧公害対策基本法)や騒音規制法、各種関連条例等を根拠とする判決は比較的少ない。

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.