不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

H22年度概算要求、高速道路無料化6,000億円vs住宅490億円


本日、マンション広告なし。

    • -

国土交通省が10月15日、平成22年度の予算概算要求の概要を公表。
内訳の詳細はいまだ不明だが、同公表資料から、住宅関連情報を以下に拾ってみた。


「主要経費ごとの考え方」8項目のうち、4番目に掲げられた「住宅都市地域環境整備」の中に「住宅対策」の考え方が記されている。

■住宅対策

  • 住宅供給や市街地整備を行う事業について、最近の事業の状況に対応し、予算額を縮減する。
  • 一方、マニフェストに掲げられた中古流通・リフォーム施策、今後急増する要介護者に対応する高齢者向け賃貸住宅の整備、国民の生命の安全に直結する耐震改修施策については、前年度以上の規模を確保する。

新設(住宅供給や市街地整備)予算を縮減し、ストック(中古流通・リフォーム施策)のほうに予算を組み替えるという考え方は、民主党マニフェスト(リフォームを最重点に位置づけている)と確かに一致している。


具体的な要求額として、「人と環境に優しく、質の高い住宅の普及促進」に490億円が計上されている。
民主党マニフェストに掲げられた「重要施策等」の二つのうちのもう一つが、高速道路の無料化、要求額6,000億円。
住宅490億円は、高速道路無料化6,000億円と比べるとひとケタ違う!
本当にこんなんでいいの?

■人と環境に優しく、質の高い住宅の普及促進 【要求額 490億円】

  • 子育て支援施設、障害者福祉施設付きの賃貸住宅の整備を推進するとともに、今後、要介護者が急増していく中で、福祉・医療サービスと連携した高齢者向け住宅の整備を加速するため、福祉・医療施設付きの高齢者向け賃貸住宅に対する国の支援を強化する。
  • ストック型社会への転換、リフォーム市場の活性化を通じた経済成長を図るため、長期優良住宅や省C02対策分野への支援に加えて、バリアフリー改修など住宅の質の向上につながるリフォームを幅広く支援する。また、リフォーム市場の環境を整備するため、インスペクション(建物検査)の実施、住宅履歴情報の蓄積、保険への加入を支援する。



1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.