不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

モーゲージプランナーはハイエナか

昨夜放送された日経スペシャル「ガイアの夜明け」は、「マイホームを守れ! 〜“我が家”の崩壊に立ち向かう〜」。
住宅ローンを返済できず自宅が競売にかけられるケースが急増している背景を受けて「住宅ローンの返済を指南する モーゲージプランナー」が紹介されていた。


月々13万円のローン返済が厳しくなってきた井口けい子さん(仮名)(49歳)の相談を受けて、モーゲージプランナーT氏の「指南」はトンデモナイものだった、と思う。


井口さん夫婦(仮名)が購入したのは、郊外の戸建2,900万円。
ローンに慎重なご主人(53歳)は、リスキーは変動ローンには目もくれず、ボーナス払いナシの30年固定金利3.15%を組まれていた。
現在のローン残高2,000万円。


モーゲージプランナーT氏のトンデモナイ指南というのは――
井口さん(仮名)が温存していた親からの相続金2,000万円の中から、500万円を繰り上げ返済に充てた上で、1,000万円をマンション投資(!)に充てようというもの。
1,000万円で購入したマンションから、年間67万円の家賃収入が入るので、ローン返済に充てれば、定年後も安心というのだ。


モーゲージプランナーに無用な相談報酬をムシリ取られないで、相続金2,000万円全額をローン残高2,000万円の返済に充てるべきではなかったのか。
借り換えや不動産斡旋でかなりの手数料を得ることになるモーゲージプランナーT氏のトンデモナイ提案を受けてしまった、石橋を叩いて渡る性格の井口さん(仮名)のご主人の最後のコメントが悲しい。

決め手はTさん(=モーゲージプランナー)を信じるしかないということです。

ちなみに、このモーゲージプランナーは、日本モーゲージプランナーズ協会とうNPOが昨年スタートさせた民間資格。
資格を取得するのに、通信講座(3カ月)の場合152,000円、通学講座の場合230,000円と、結構お金がかかる。

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.