不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

都区部の住宅地、平成6年以来最大の下落率

平成21年地価調査住宅地平均価格マップ


本日、マンション広告なし。

    • -

東京都が9月18日、「平成21年 東京都基準地価格の概要」を公表。
都全域で、住宅地、商業地、準工業地及び全用途の平均変動率が大幅な下落に転じ、特に、区部の住宅地は平成6年以来、商業地は平成8年以来最大の下落率だという。
区部の住宅地の価格動向は次のとおりだ。

  • 区部全域の平均変動率が、昨年のほぼ横ばい傾向から二けた台に達する大幅な下落となった。

  • 下落率一位は、渋谷区のマイナス14.2%で、以下、世田谷区、中央区、千代田区と続き、15区で二けた台の下落率となった。

  • 外周区の葛飾区は5.6%、足立区は6.3%の下落率に止まった。



1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.