不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

タワーマンションといえども


本日、マンション広告5枚。

【第2期予告広告】大手町駅直通7分、駅徒歩6分。総戸数378戸、35階建。販売戸数未定、1LDK(41.10m2)〜3LDK(98.43m2)。販売価格未定。平成22年10月下旬竣工(本チラシ掲載日の1年1カ月後)。

幹線道路の交差点に建つ、超高層タワー型マンション。


B3判チラシのオモテ面には、都市の夜景を背景に、タワー型マンションの高層部をCG合成した写真が掲載されている。
最上階からの良好な眺望を演出するこのCG合成写真の欄外に、小さな文字で次のような注釈が記されている。

※現地より約60mの建物(高さ約120m)より、撮影(平成20年11月撮影)した眺望写真に建物完成予想CGを合成したもので実際とは多少異なります。

この注釈文章から、本物件から約60m離れた場所に、眺望を妨げる高さ約120mの建物の存在を知ることができる。
Googleマップで調べてみると、本物件の半径100m以内に超高層マンションが3件(南東側:33階、南西側:32階、北西側:32階)建っていることが分かる。
これでは、高層住戸といえども、眺望を楽しめるのは一部の住戸に限られるのではないか。
低層住戸はといえば、周辺の低層建物に眺望は遮られているし、幹線道路交差点の騒音・振動や排気ガスの影響が大きいから、住み心地の良い住戸からは程遠い。

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.