不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

都心・都下の築10年未満物件、供給過剰状態が解消されていない


本日、マンション広告なし。

    • -

昨日の続き。
7月の「HOME’Sマーケットレポート」で「東京都心エリア・都下エリアの築10年未満物件については引き続き品薄傾向が続く」と記されていることを昨日の記事で紹介した。


「品薄傾向が続く」という表現に引っかかる。
昨日の記事で紹介したグラフを今一度見てほしい。


たしかに、都心の築10年未満の物件数(赤色の棒グラフ)は、この1年で約1,000件(962件)から約600件(564件)に漸減している。
ところが、平均坪単価のほうも371万円/坪から348万円/坪へと94%まで低下しているのだ。
つまり、供給物件数(掲載物件数)が4割も減っているのに、坪単価は上昇するどころか6%も低下しているので、まだまだ供給過剰といえるのではないかということだ。
「品薄傾向が続く」というよりも、「供給過剰状態が解消されていない傾向が続いている」というのが正しい理解では。


1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.