不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

マンション市場動向、全国一般紙は“大本営発表”的記事ばかり

販売在庫、発売戸数・単価の推移(首都


本日、マンション広告なし。

    • -

不動産経済研究所が8月13日、7月の首都圏マンション市場動向を発表している。
全国紙のネット記事を見てみると――

  • 【朝日】首都圏マンション販売、23カ月連続前年割れ
  • 【読売】首都圏マンション発売、減少続くも底打ち感
  • 【日経】マンション販売、改善の兆し 首都圏7月発売、減少幅9.1%に縮小

朝日の「23カ月連続前年割れ」というネガティブな見出しに対して、他の3紙は、発売戸数の減少幅が前年同月比で1ケタ(9%)に縮小したという趣旨のポジティブな見出しだ。


ただ、全国一般紙(朝日・読売・毎日)は、不動産経済研究所の発表原稿を、ほぼなぞっているだけの“大本営発表”的記事にとどまっている。
唯一、日経だけが、次のような独自の情報を追加しているのが救いだ。

(前略)
在庫の適性水準とされる6000戸弱に近づいている。
在庫の減少が進んだことで、マンション大手各社は新規物件を投入しやすい環境が整ってきた。
三井不動産住友不動産野村不動産などの大手各社は今期の新規発売戸数が、前期実績を上回る計画だ。



さて、全国一般紙の“大本営発表”的記事を鵜呑みにせず、筆者独自の分析を加えてみた(右上グラフ参照)。
在庫数は、昨年の12月の1万2千戸台をピークに徐々に減少を続け、ついに7,500戸を下回った(7,446戸)。
一方、発売戸数のほうは、今年の1月以降、徐々に増えてきていたのだが、6月に入って3,080戸(前月比12.9%減)と減少に転じるなど、回復に勢いが見られない。


発売単価に目をやれば、なんと今年の4月以降、上昇傾向にあるではないか!
7月の単価66.5万円/m2が、激高だった08年の平均単価(65.0万円/m2)を突破していることはもっと周知されるべきだろう。
ちなみに、07年の平均単価(61.4万円/m2)、06年平均単価(55.5万円/m2)。

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.