不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

住宅ローンの焦げ付き、平成20年度に減少に転じる

リスク管理債権比率と元金残高


本日、マンション広告なし。

    • -

昨日の続き
夏のボーナスのカットで、住宅ローンが返せない世帯が急増するという「6月危機」。
返済が滞った住宅ローンは3カ月〜6カ月ほどで「延滞債権」とされるので、ただちにローン破たん、あるいは自己破産となるわけではない。


本日は、住宅金融支援機構のホームページに掲載されている「リスク管理債権の状況」の数値データから、住宅ローンの焦げ付き状況を確認してみよう。


平成13年度以降増加し続けていたリスク管理債権比率(≒住宅ローンの焦げ付き状況)が、平成20年度に初めて減少に転じているのは意外だった。


リスク管理債権比率が上昇するのは、「6月危機」の影響が出てくる今年の年末あたりからか・・・・・・。
いずれにせよ、住宅ローンのご利用は計画的に!

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.