不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

中古マンションの価格動向(東京23区内)


本日、マンション広告なし。

    • -

東京23区内の中古マンションの価格動向はどうなっているのか?
リクルート社が運営している「住宅情報ナビ」に登録されている東京23区の中古マンション全6,943戸(09年6月21日現在)のデータをひも解いてみた。
まずは、専有面積別の価格動向。
20090621111043
全6,735戸のうち、専有面積50m2台と60m2台の住戸がともに19%と大勢を占めている。
70m2台14%、80m2台7%、90m2台4%と、専有面積が大きくなるほど販売対象住戸の戸数が少なくなっている。


価格との関係でいえば、50m2台と60m2台は2,000万円台で戸数が多く、70m2台の住戸価格は3,000万円台で戸数が多い。


次に、タイプ別の価格動向。
20090621111042
全6,735戸のうち、2DK・2LDKタイプの住戸が35%と大勢を占めている。
これに3DK・3LDKの31%、1DK・1LDKの24%と続く。


価格との関係でいえば、2DK・2LDKと3DK・3LDKは2,000万円台で戸数が多い。

[中古マンション] ブログ村キーワード

よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.