不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

アウトレットマンションのルール無視のチラシに唖然

昨年の10月31日に経営破たん(民事再生)した、小規模な外断熱の「アウトレットマンション」。

【予告広告】大手町駅直通16分、駅徒歩8分。総戸数?戸、?階建。販売戸数6戸、2LDK+S(72.14m2)。予定販売価格4,300万円台より。平成20年3月下旬竣工済み(本チラシ掲載日の1年2カ月前)。

  • ※07年6月16日(土)・6月20日(水)・7月15日(日)、08年6月21日(土)・8月2日(土)・9月15日(月)の物件と同じ。



A4判の1色(ブルー)刷りの「アウトレットマンション」を喧伝する折り込みチラシ。

  • 新聞・テレビ・雑誌で話題の「アウトレットマンション」
  • アウトレットマンションだからできる 大幅DOWN
    • この価格 見直した驚きの価格で新発売
    • 南向き2LDK+S 72.14m2 4,300万円台より

マンション・チラシの「観測」を初めて間もなく6年になるが、これほどにルールを無視したチラシはお目にかかったことがない。


予告広告には「新発売」の用語を使えないという( 「新発表」と「新発売」の違いが分かりますか? )レベルではなく、そもそも「物件概要」の記載がないのだ!

この物件のホームページをみると「物件概要」のボタンはあるが、いくらクリックしても「物件概要」は表示されない。


さて、このチラシのルールを全く無視した売主が謳う販売予定価格はどの程度の「驚きの価格」なのか?
『マンション・チラシの定点観測データベース』を利用して、破たん前の第1期(4戸)、第2期(8戸)の販売単価と比べてみた(次のグラフ参照)。
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/f/flats/2009-05-09.jpg

各販売時期の平均単価は次のとおり。

  • 第1期(4戸):平均単価76.8万円/m2 (4,980万円/63.51m2〜6,200万円/82.43 m2)
  • 第2期(8戸):平均単価79.6万円/m2 (5,160万円/63.51m2〜6,420万円/82.43 m2)
  • アウトレット(6戸):平均単価60.3万円/m2 (4,300万円/72.14m2〜4,399万円/72.14 m2)

第1期の平均単価と比べて78%、第2期と比べても76%。
「アウトレットマンション」を喧伝する割には、2割強の値引きでしかない。
民事再生物件なので、格安で仕入れることができなかったのか・・・・・・。

(本日、マンション広告1枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.